青心紅茶
50gリーフ
品種:青心烏龍
生産者:木村製茶工場(境町)

2016年9月 日本茶AWARD2016 にて、こちらの紅茶が香りのお茶部門〈紅茶)において審査員奨励賞を受賞いたしました。
昨年の青心烏龍の烏龍茶に引き続き、2年連続の受賞となります。
生産数量はこちらも少ないので、気になる方はお早目のご購入をおすすめ致します。

--------------------------------------------------------------------------

新商品入荷いたしました。

青心烏龍の茶葉でつくられた紅茶です。

”青心烏龍”は、台湾系のお茶の品種名です。こちらは烏龍茶ではありませんのでお間違えの無いようご注意ください。

2016年8月現在、この紅茶を販売しているのはここ、茨城茶専門店ちゃばこ だけとなります!

国内でも青心烏龍でつくられた紅茶はここにしかないかもしれません。


しっかりとした萎凋技術に裏打ちされたこの紅茶は、品種の特性をしっかりと引き出した香りの楽しめる紅茶です。

くちなしの花のような芳醇な香りを持っています。

発酵は軽めで、色はオレンジがかっています。




生産者紹介

茨城県猿島郡境町で烏龍茶をつくっているのが木村製茶工場の木村昇さん。
日本国内でも有数の発酵茶のエキスパートだと思います。
茨城県内で専用の釜を使って烏龍茶を製造しているのは今のところこの木村製茶工場さんだけ

10年以上前から幾度となく台湾の茶農家や試験場を訪れ、
本場の製造を勉強してきた熱心な茶師です。
使用している機械も台湾から個人輸入したものです。

木村さんがつくる烏龍茶は発酵度合いが低く、香りに主眼を置いた台湾系の包種茶です。

一度の製茶工程で作れる茶葉は2圓曚鼻
それをなんと手作業で茎を抜く作業を奥さんがしています。

こうして手間暇かけて丁寧に作られた国産烏龍茶。

お湯を注ぐと綺麗に茶葉が戻り、何とも言えない良い香りが漂います。

緑茶や紅茶と違い、4〜5煎位まで楽しめますので、

1日をゆっくりと過ごしたい時などに最適です。




Your recent history

Other page

About the owner

花水 理夫

1973年生まれ。 いて座のO型。 妻の実家"長野園"を継承すべく日々茶園と向き合っています。 「まだまだマイナーな茨城のお茶を発信してゆくには魅力ある商品の発掘と発信がまずは大事」と考え、この茨城茶専門店ちゃばこを開店致しました。 少しづつ品ぞろえを拡充していきますのでどうぞよろしくお願い致します。

Mobile