焔-Homura-
30gリーフ
生産者:長野園(境町)

購入数
静7132の1番茶煎茶のほうじ茶です。
こちらはしっかりとした深煎り。

クリアな焙煎香はブラックペッパーのような深いファーストノート。
余韻のアフターノートは品種由来の桜餅のようなやさしさ。
熱湯で気軽に入れられるほうじ茶ですが、
淹れ方によって多彩な魅力を引き出すことができるお茶です。

このほうじ茶製茶後、1年以上低温熟成した静7132の煎茶を原料に、
鉄釜で1時間ほどかけて(おとなのほうじ茶は高温で1〜2分)じっくりと焙煎しました。
煎を重ねても雑味が出ないのはこの焙煎方法に秘密があります。
また、焙煎後更にひと手間かけ細かい茶葉をていねいに取り除くことでクリアな味わいのほうじ茶となっています。

2023年浅草で開催されたジャパンティーフェスティバルでの人気はとても高く、
2日間開催の2日目午前中早い時間にSOLD OUTとなりました。

プレミアムティコンテスト2023
ほうじ茶部門最高位★★★★受賞茶
受賞茶名「釜ほうじ茶7132」(出品時に名称が決まっていなかっため現在の商品名とは異なります。

おすすめの淹れ方
 茶葉 2g
 熱湯 150
 抽出 1分間
 ※同様の抽出で3煎目までおいしく淹れられます。

おすすめ商品